立本寺

一口説法「お盆とは・・・」

ウランバーナ(インド)➡盂蘭盆(中国)➡お盆(日本)

 お盆という言葉はウランバーナと言うサンスクリット(インドの古い言葉―梵語←お経を書いた言葉)からきています。
それを中国の僧により盂蘭盆(うらぼん)と訳されたのです。
盂蘭盆の意味は「逆さにつるされる苦しみ」と言うことなのです。
お釈迦様のお弟子の目連尊者(もくれん)の母が、死後、餓鬼道(がきどう)に堕ち、逆さにつるされたような苦しみを味わっていられるのを、お釈迦様の教えにより救われた故事(こじ)によるものです。
亡くなられた祖先や父母に、報恩感謝の気持ちを忘れてはならないと言うことでしょう。お盆には、ご家族でお仏壇をきれいにし、果物や野菜などをお供えし、精霊棚を設け、盆提灯などを飾って下さい。ドンブリに水をあげ、「キュウリの馬」、「ナスの牛」を作って下さい。お盆は、「日本の良きロマン」であり、豊かな情操教育の場所であります。そして、お墓にお参りをして、ご先祖の御霊を迎え、お寺のご住職においでいただき、ご先祖のご回向(棚経)をして頂きます。
そして、お盆のおせがき法要にお参りして下さい。

 我々は本当の心―日本人の心を忘れつつあります。お盆やお彼岸には、仏教の尊い心に触れて、人間としての本来の道に立ち返り、豊かな情操を持って過ごすとともに、子供たちを、そういった家庭環境の中で育てて行きたいものです。
真の情操教育とは、仏教の心にふれることだと思います。
お盆には、是非ともご近所のお寺に、立本寺にお参りになり合掌してお祈り下さい。

INFO

TOP